SKINCARE GUIDE

男を磨く スキンケアガイド

スキンケアをしたことがない男性の多くは、対策がとられていないため、女性よりも肌が乾燥しやすくなっています。このままスキンケアを疎かにしていると、どんどん乾燥を呼び込むことに。男には、男だからこそ肌をいたわらなければならない理由があります。適切な対処法を知って、今すぐ対策を。

1 乾燥は男の肌にも大敵 1 乾燥は男の肌にも大敵

  • 「男性の肌(頬)の水分量は女性の肌よりも少なく、乾燥している」
  • 「乾燥するとカサカサ状態になる」
  • 「洗顔後につっぱりを感じる」

女性の肌よりも頬の角層水分量が少ない男性の肌。さらに毎日のシェービングや紫外線、オフィス環境により、男性の肌はとても乾燥しやすい状況にあります。肌の乾燥を放っておくと、全体的にカサカサしてきます。洗顔後につっぱりを感じるなら要注意。そんな時は乾燥肌に傾いているかもしれません。男性もつねに潤すスキンケアが必要です。

保湿ケアのPOINT

  • 朝と夜の洗顔後、化粧液などによる潤い補給は必須
  • 化粧液などを塗布したら、手のひらでこすらずになじませる
  • 乾燥しがちな目もとや口もとは丁寧に、決してこすらないこと

最近乾燥が気になる! 詳しく見る

2 必要な油分までとっていませんか? 2 必要な油分までとっていませんか?

  • 「テカっているのに乾燥肌!?」
  • 「男性の皮脂の分泌量は女性より多い」
  • 「その洗い方、間違っていませんか?」

肌がベタつくからといって何度もゴシゴシ洗顔するのは逆効果。肌のベタつきをなくそうと必要以上に表面の皮脂を取り除いてしまうと、足りなくなった油分を補おうとして、また一層皮脂を分泌します。また、皮脂の分泌量が多い人は毛穴が開きがちに。皮脂が溜まると毛穴が広がって見えてしまいます。大切なのは、肌の表面の皮脂量と水分量のバランスが整っていることです。つまり洗顔とともに重要なのが保湿。余分な皮脂を取り除きながら、水分をたっぷり補給しましょう。

こんなダメ洗顔、していませんか?

  • ×充分に泡をたてていない
  • ×手でゴシゴシこする
  • ×熱めのお湯 / 冷たすぎる水
  • ×タオルで強くこする
[正しい洗顔方法]

最大のポイントは、一貫してやさしく、決して肌をこすらないこと。

  1. ぬるま湯で顔を濡らす。
  2. 洗顔料は必ず泡立て、泡をつぶさずに洗う。
  3. 皮脂の多いTゾーン(額、鼻のまわり、生え際)からUゾーン(頬、あご)は丁寧に。
  4. ぬるま湯で洗い残しがないようしっかりすすぎます。
  5. タオルで強くこすらないようにふきとります。

いい男の常識! 詳しく見る

3 紫外線に要注意 3 紫外線に要注意

  • 「シミ・乾燥の原因のひとつは紫外線といわれている」
  • 「化粧をしていない男性こそ紫外線対策を」

男性は女性に比べてUV対策への意識がまだ少ないため、ケアが疎かになりがち。紫外線はシミや乾燥の原因のひとつであることを認識しましょう。
紫外線というと強い日差しのイメージがありますが、日常生活における紫外線(生活紫外線)にも要注意!曇りでも紫外線はあるので、帽子、日やけ止めなどで紫外線対策をしながら、保湿ケアも忘れずに。

紫外線には“UVB”と“UVA”の2つがあります。

UVB …
肌表面(表皮)が赤くなる原因に。
UVBの防止効果はSPF30などの数字で表し、数字が高くなるほど防止効果は高くなります。50+は上限です。
UVA …
長時間浴び続けると、シミをつくる原因にも。
UVAの防止効果の程度はPA+、PA++、PA+++、PA++++など4種類で表し+(プラス)が多いほど防止効果は高くなります。

日やけ止め使用のPOINT

  • 少しずつ手にとり、充分な量を肌にムラなくのばす。
  • 汗をかいたり、タオルで拭いた後などは、こまめに塗り直す。
  • 顔にご使用の際には、洗顔後、化粧液で肌を整えた後にお使いください。
  • 落とす時は、普段の洗顔料、ボディソープで丁寧に洗い落としてください。

紫外線にも種類がある?詳しく⾒る

4 シェービングは肌への負担が大きい 4 シェービングは肌への負担が大きい

  • 「実はデリケートになりがちな男性の肌」
  • 「正しいシェービング方法って!?」
  • 「シェービング後の保湿ケアがカギを握る」

男性の肌は毎日のシェービングでとてもデリケートになりがちです。ですから肌あれや乾燥を防ぐためにも、シェービングの際、肌への負担を少なくしてあげることが肝心。プレシェーブクリームやシェービングフォームを使うこと。これは必要以上に刃に力を入れなくてよいので、肌へのダメージを軽減します。そして最後の仕上げに必ずローションなどで保湿ケアを行うこと。特にシェービングを念入りにする口もと、アゴ、首のまわりは乾燥しやすいので丁寧に。もう一度正しいシェービング方法をマスターして、男を磨きましょう。

口もと:安全カミソリによるひげそり直後

シェービングで男を磨く! 詳しく見る

ページトップへ