コンセプト​

忙しい毎日を
生きる女性たちへ。​
スマートに美しさを​
手にいれる​
リサージのケア。​

仕事や家事で忙しい毎日のなかでも、かしこくたしかな方法で、美しく輝いていたい。​
リサージは、そんな女性のためのブランド。​
 
化粧水と乳液の充実感を1本に凝縮した化粧液「スキンメインテナイザー」。
美容液と化粧下地とファンデーションが一緒になったベースメイク「カラーメインテナイザー」。
 
いまの時代のライフスタイルに合うスマートケアを提案し、女性の美しさを支えていきます。

人の個性と同じだけ
肌の個性がある。

だから、リサージの代表アイテム・スキンメインテナイザーは14種類、
カラーメインテナイザーは18種類。
「一人ひとり、肌質もなりたいキレイも違う」という“個肌主義”を掲げています。
肌のコンディションやめざす美しさに合わせて、
自分の肌にぴったりの1本が選べます。​

コラーゲン研究から生まれた リサージ
ー肌をうるおすコラーゲンの研究ー

リサージ(LISSAGE)の語源は、フランス語のリサージュ“磨き上げる”。
毎日をしなやかに生きるスマートな女性たちが、肌を磨き上げ、美しくなっていくために。
1992年のブランド誕生以来続けている肌をうるおすコラーゲン研究と
機能的なパッケージデザインにより、
一人ひとりの肌に合わせたシンプルで的確なケアをお届けします。


「常にユーザー視点を第一に考えているブランドのフィロソフィーを、
美しさと機能性を追求したデザインに込めました」(佐藤可士和氏)

「リサージ」では、2005年からアートディレクター/クリエイティブディレクターとして佐藤可士和氏を起用。
パッケージデザインからブランド設計まで、トータルに監修しています。佐藤氏のデザインによるトリガータイプの
ボトルを採用した「スキンメインテナイザー」は、2007年度にグッドデザイン賞を受賞しています。

佐藤可士和氏

国立新美術館のシンボルマークデザイン、「今治タオル」「ふじようちえん」 (立川) 「カップヌードルミュージアム」 (横浜) のトータルプロデュースなど、時代に新しい空気と価値観を提示する日本を代表するクリエイティブディレクター。

Page Top