肌や季節に合ったスキンケアアイテムを
選んだり、
使い方をちょっと工夫してみたり。
もちろんとっても大切です。
でもその前に、クレンジングしてから
洗顔する「W洗顔」で
肌をいたわりながら
清潔に保つことこそ、
美肌への第一歩。
きちんとW洗顔することが大切です。

答えをみる

なじませる時間が短いと、メイクや毛穴汚れがしっかり落ちていないかも?
約1分間ほどマッサージするようになじませてから洗い流しましょう。

答えをみる

寝ている間に分泌された汗や皮脂は、水やぬるま湯だけでは洗い流しづらく、
また過剰な皮脂はベタつきやメイクくずれの原因にも!

答えをみる

日常生活のなかでは過剰な皮脂分泌などメイク以外の油性の汚れも
肌に付着しがちです。メイクをしていない日でもクレンジングをして、
肌をきれいに保つようにしましょう。

答えをみる

泡立てるタイプの洗顔料の場合、汚れを巻き込んでくれるのは
きめ細かな“泡”です。肌に負担をかけず、汚れをしっかり洗い落とす
ためにも、弾力のある泡をたっぷり泡立ててから肌にのせましょう。

答えをみる

確かに夏は、汗や皮脂の分泌が活発になり、汚れが詰まって
毛穴が目立ちがちです。けれど毎日のていねいなW洗顔で
毛穴汚れのない“ツルスベ肌”に導けます。

約1分間マッサージするように、
なじませてから、水またはぬるま湯で
洗い流します。


〈POINT〉
強くこすりすぎるのはNG!顔全体にのばしてから、
指の重さだけでやさしくマッサージ
するように汚れを浮き上がらせましょう。

レモン1個分くらいの弾力ある泡を
転がすように約30秒。クリーミィな
泡でやさしく洗いましょう。


〈POINT〉
汚れを吸着するのはきめ細かい泡。
肌になるべく負担をかけないように、しっかり
泡立てることで、洗い流しも短くなります。

リサージ美幹プログラムの「落とす」「洗う」ケアは、
肌に必要な皮脂やうるおいは守りながら
汚れだけをしっかりオフ。
毎日のケアで、透明感の
あるなめらか美肌を目指しましょう。

Page Top