サイエンスニュース

サイエンスニュース

サイエンスニュース

コラーゲンは、皮膚の弾力に欠かせない大切な成分。
その研究を30年以上続けてきてわかったコラーゲンのヒミツや、
最新の研究情報をお伝えします。

※本コンテンツは、皮膚コラーゲンに関する基礎知識や研究の歴史、
新知見をお伝えするためのコンテンツです。
特定商品の効果・効能等を示すものではありません。

  • あなたの皮膚はほぼコラーゲン?

  • 加齢でコラーゲンも老化?

  • コラーゲンの秘訣は「〇〇」。

  • 皮膚の弾力に、4種のコラーゲン。

  • 世界初。コラーゲンの「司令塔」を発見!

  • 皮膚のコラーゲン研究は、まだまだ続く。

あなたの皮膚はほぼコラーゲン?

あなたの皮膚はほぼコラーゲン?

あなたの皮膚はほぼコラーゲン?

皮膚(真皮層)の約70%(水分を除く)はコラーゲン

皮膚(真皮層)の約70%(水分を除く)はコラーゲン

皮膚(真皮層)の約70%(水分を除く)はコラーゲン

そもそもコラーゲンとはタンパク質の1種

そもそもコラーゲンとはタンパク質の1種

そもそもコラーゲンとはタンパク質の1種

図 すこやかな皮膚

図 すこやかな皮膚

図 すこやかな皮膚

加齢でコラーゲンも老化?

加齢でコラーゲンも老化?

加齢でコラーゲンも老化?

老化で変わるのはコラーゲンの「量」よりも「質」

老化で変わるのはコラーゲンの「量」よりも「質」

老化で変わるのはコラーゲンの「量」よりも「質」

コラーゲンの量は10%減と言われています

コラーゲンの量は10%減と言われています

コラーゲンの量は10%減と言われています

コラーゲンの質と量を保つことが皮膚の弾力に必要

コラーゲンの質と量を保つことが皮膚の弾力に必要

コラーゲンの質と量を保つことが皮膚の弾力に必要

コラーゲンがダメージを受けると皮膚の弾力が損なわれる一因となります

コラーゲンがダメージを受けると皮膚の弾力が損なわれる一因となります

コラーゲンがダメージを受けると皮膚の弾力が損なわれる一因となります

コラーゲンの秘訣は「〇〇」。

コラーゲンの秘訣は「〇〇」。

コラーゲンの秘訣は「〇〇」。

コラーゲンの量よりも質を保つのに重要なのが代謝

コラーゲンの量よりも質を保つのに重要なのが代謝

コラーゲンの量よりも質を保つのに重要なのが代謝

コラーゲンの代謝

コラーゲンの代謝

コラーゲンの代謝

皮膚の弾力に4種のコラーゲン

皮膚の弾力に4種のコラーゲン

皮膚の弾力に4種のコラーゲン

コラーゲンの種類

コラーゲンの種類

コラーゲンの種類

図1.皮膚の弾力に重要な4種のコラーゲン

図1.皮膚の弾力に重要な4種のコラーゲン

図1.皮膚の弾力に重要な4種のコラーゲン

図4種のコラーゲン

図4種のコラーゲン

図4種のコラーゲン

真皮のコラーゲン

真皮のコラーゲン

真皮のコラーゲン

基底膜のコラーゲン

基底膜のコラーゲン

基底膜のコラーゲン

世界初。コラーゲンの「司令塔」を発見

世界初。コラーゲンの「司令塔」を発見

世界初。コラーゲンの「司令塔」を発見

スパークが「司令塔」として細胞に働きかける

スパークが「司令塔」として細胞に働きかける

スパークが「司令塔」として細胞に働きかける

SPARCとは?

SPARCとは?

SPARCとは?

SPARCがコラーゲンを支配する

SPARCがコラーゲンを支配する

SPARCがコラーゲンを支配する

SPARCは、皮膚の土台をつくる 真皮のコラーゲン(Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲン)を 生み出す力を高めることが分かりました

SPARCは、皮膚の土台をつくる 真皮のコラーゲン(Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲン)を 生み出す力を高めることが分かりました

SPARCは、皮膚の土台をつくる 真皮のコラーゲン(Ⅰ型・Ⅲ型コラーゲン)を 生み出す力を高めることが分かりました

コラーゲンの産生を促進し、 基底膜の形成を促進します

コラーゲンの産生を促進し、 基底膜の形成を促進します

コラーゲンの産生を促進し、 基底膜の形成を促進します

SPARCを添加することにより、基底膜のコラーゲンが増加しています

SPARCを添加することにより、基底膜のコラーゲンが増加しています

SPARCを添加することにより、基底膜のコラーゲンが増加しています

皮膚のコラーゲン研究は、まだまだ続く

皮膚のコラーゲン研究は、まだまだ続く

皮膚のコラーゲン研究は、まだまだ続く

コラーゲン研究年表

コラーゲン研究年表

コラーゲン研究年表

SPARCの働きを発見

SPARCの働きを発見

SPARCの働きを発見

研究員から、みなさまへ

研究員から、みなさまへ

研究員から、みなさまへ

Page Top