All About

気になったら即実行!
美容のプロが指南する、
忙しいママのための
シワのお手入れ

一般的に、30~40代はお肌の曲がり角。特にシワは、老け見え原因のワースト1をキープする厄介ものです。でも、家事に子育て、仕事と忙しいイマドキのママは、きちんとメンテナンスする時間もままならず……。そこでここでは、人気美容エディターの藤井優美さんに、時間がなくても自宅で実践できるシワ対策について伺いました!

独身時代と違う?
子育てママたちの“シワ事情”をリサーチ

今思うと肌が元気だったと感じる20代の頃。でも、30代や40代になり、結婚や出産などを経て、今までになかった肌悩みを抱えている女性も多いのではないでしょうか。特に多いお悩みが、顔のシワ! そこで今回は、子育てママたちが気にしている“シワ事情”についてのアンケートを実施しました。

シワが気になりますか?30〜40代のママにアンケート 気になる約70%

調査対象:30代~40代のママ(N数=1804)
※All About実施

アンケート結果によると、実に7割以上のママたちがシワ悩みを抱えているという結果に! 出産前は気にしたことがなかったのに、出産後に気になりだしたという声も多く聞かれました。その背景には、「子育て優先で、自分のケアはいつも後回し」「育児でスキンケアする時間がない」という、忙しいママならではのお悩みが。加えて、「外で遊ぶことが多くなり、紫外線を浴びる機会が増えた」「笑ったり怒ったりして、表情が豊かになったから……」という声もちらほら見受けられました。忙しさプラス、育児による環境の変化も「シワ悩みに影響している」と感じているママが多いようです。

グラフ:シワのお手入れとして、どのようなことをしていますか?

さらに、ママたちが実践しているお手入れは、「クリームやパックで保湿対策」「紫外線対策」が上位をキープ。実際のところ、シワにはどんなお手入れがおすすめなのでしょう? さっそく、詳しいお話を美容のプロである藤井優美さんに聞いてみましょう。

美容のプロが指摘!
キレイの未来には「保湿対策」と「紫外線対策」が大切

「3年後の自分に自信を持つために、手軽なケアを毎日継続することが大切」と藤井さん。

「シワは1日でできるものではなく、年月をかけて顔に刻み込まれていくもの。深刻になる前の、毎日のコツコツケアが大切です」

そう話すのは、美容エディターであり、一児の母でもある藤井優美さん。藤井さんご自身は、出産後、どのようなことを意識してスキンケアをしていたのでしょうか?

「とにかく大切なのは、保湿です。例えば、硬い紙に折り目がついてしまうと簡単には伸ばせませんが、柔らかいティッシュペーパーなら折り目がつきませんよね。だから、肌も柔らかく保っておくことが重要。そのために、出産や育児で慌ただしい毎日の中でも最低限の保湿はもちろん、家の中の湿度にも気を配っていました」

保湿に加えて、ママが特に気をつけたいのが紫外線。公園やプールに出かける際はもとより、近所でのちょっとした買い物や、ベランダで洗濯物を干すときも、ノーガードでいることはタブーなのだとか。

「外出時だけでなく、洗濯物を干すのにベランダに出ているたった15分でも肌は日焼けしてしまいます。日焼け止めを毎日のスキンケアの一環として取り入れて、どんなときでもUVカットを欠かさないようにしましょう」

たった3つのシワのお手入れ。
忙しくてもこれならできそう!

薬用シワ改善美容液は、ぜひケアに取り入れて 

とはいえ、「忙しいママは、独身時代のように完ぺきなケアを実践するのは無理がありますよね」と、藤井さん。大切なのは、無理のない範囲で、自分が心地よく感じられるケアを継続することなのだそうです。そこで、「忙しくても、最低限これだけやればOK!」という、藤井さんおすすめのシワ対策を教えていただきました。

その1.家中に保湿アイテムを! “ながら保湿”で肌を潤す

「洗面所、寝室、リビング……。家の中のあらゆる場所に保湿アイテムを置いて、気が付いたときにケアできるような環境をつくりましょう。きちんとしたスキンケアの時間をとれなくても、寝る前や家事の合間、お子さんを抱っこしながらでも、スキマ時間で“ながら保湿”をする習慣をつけることが大切です」

その2.日焼け止めは朝のスキンケアの一環として、習慣化する

「ちょっとしたお出かけでも、紫外線対策はマスト。日焼け止めはお出かけ前だけではなく、朝の洗顔後に、スキンケア感覚で塗ってしまいましょう。毎日、心地よく使うために、自分に合ったテクスチャのものを選ぶのがポイント」

その3.シワ改善美容液を積極的に活用する

「毎日のケアにぜひ取り入れたいのが、シワ改善美容液。最近ではアイテムが多数出てきています。目元や口元など、デリケートでシワが気になる部分にも塗りやすく、シワが少しでも気になり始めたら積極的に活用していくべきです。気になる部分に塗るだけという手軽さも魅力!」

冒頭でご紹介したアンケートでは、シワ改善美容液を使っているママは全体の約2割と少数派でした。藤井さんいわく、海外に比べると、日本ではまだまだ目元や口元などのポイントケアが浸透していないのだとか。でも、スキンケアが進化した今の時代、「シワ改善美容液でお手入れできる」と聞けば、試してみたくなりませんか? さっそく、おすすめのアイテムをご紹介しましょう!

あの「リサージ」から薬用シワ改善美容液が登場!
シワは自宅のお手入れで改善できる時代へ

リサージから発売されたリンクルシューター

「リサージ」というスキンケアブランドをご存知でしょうか? 忙しい毎日の中でも、無理なく、心地よくケアができるよう、シンプルで上質なスキンケアアイテムを展開しているブランドです。そのリサージが、この秋、薬用シワ改善美容液「リンクルシューター」を発売! 今回はひと足お先に、藤井さんに試していただきました。

「『リンクルシューター』は、まずはその柔らかいテクスチャーに驚きました。少量でよく伸びるので、いろんなところに塗りたくなってしまいますね(笑)。また、リサージ独自開発成分(保湿)やカネボウ化粧品独自開発成分(保湿)が配合されている点にも注目。肌に乗せたときはラッピングされた感じで、保湿力やハリアップもかなり期待できそうです」

毎日続けたくなる、なじみのよいテクスチャーが特長

そもそもリサージは、肌をうるおすコラーゲン研究を30年以上も続けているブランド。

「コラーゲンは美肌ケアの基本。リサージは、ひとつ上のレベルの“キレイ”を目指す女性にぴったりのアイテムを提供していると思います。『リンクルシューター』もそうしたアイテムのひとつ。まずは1本、約4週間分使ってみて、弾むようなハリ肌を体感してみてはいかがでしょう」

あれこれがんばらなくても、自宅でシワを改善するためのお手入れができてしまう時代。仕事に育児に「忙しいから……」とあきらめずに、早めにケアに取り組むことが、未来の“キレイ”を育みます。

「年を重ねれば、シワはいつかはできるもの。必要以上にネガティブにならず、無理のない範囲で適切なケアを続けていくのが理想です。『リンクルシューター』は、今はもちろん、未来の“キレイ”にも期待できるアイテムだと思います」

お話をうかがった方

All About「スキンケア」ガイド

藤井 優美

美容業界歴25年以上。美容専門編集プロダクション「dis-moi」主宰。美容専門誌、女性誌の美容記事の企画・制作・執筆をはじめ、コメンテーターやアドバイザー、セミナー講師として活動。元エステティシャンという経歴を生かし、コスメ開発やエステアドバイスも行う。

※2019年9月24日から10月23日までAll Aboutに掲載

Page Top